2020/04/30

DLG,左右CGなど

ムサシノホリデイ,最初はペグ反対側にバラスト積んでましたが: 現在は取り外し,ペグ側僅かねじり上げ,反対側わずかねじり下げとし,基本ペグ方向の旋回時に抵抗が少なくなるようにしています。 大昔SSSでお話したように,CG旋回方向移動かスタブティルトがサーマルに留まる方向になります。 (リンクの第4と第5回。CG方向は第5回が正です。) http://takasaki.eco.coocan.jp/LML/lib/papers.html なお,旋回内側ねじりあげは,FF(フリーフライト)機において横滑りを低減させてCDを減らす常套手段です。 なぜか:旋回方向のヨー角速度により左右翼に揚力差が生じます(Lr)。スパイラルモードが安定な機体なら,それを補正するために最終的に横滑り角βを生じさせて上反角効果でローリングモーメントを釣り合わせます。 ここで旋回内側の揚力を増す(ねじり上げ)と釣合状態のβを減らすことが出来ます。どこまで減らすかは,ねじり上げに伴う抵抗増加との兼ね合いです。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/04/15

剛性とCM0考慮の人力飛行機翼型:アップロード3

上面フラットでない方のHPA用翼型,前縁下面をほんのちょっと改良しました。元の基本特性はこちら。もはや原型留めず。 フラップなしバージョンもありますが,後縁の製作の容易さとフラップの可能性とフィルムの貼りやすさではこちらでしょう。 上面40%にタービュレーターを付けると素晴らしく良くなります。逆に後半の精度に気を使わなくて良い。 低い|CM0|と厚翼。パイプにとても優しいです。フラットボトム。後縁厚み0.5%で精度と強度も保ちやすくしています。 ダウンロード - txhp3216f25.dat フラットボトムかつフラットトップのウルトラライト用翼型はこちら。それぞれフラップあり・なし。 ダウンロード - txul2515fb15ft45f25.dat ダウンロード - txul2515fb20ft40.dat  ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/03/05

第25回SSSプレゼン資料

3ヶ月ほど経ちましたので,プレゼン資料のみアップロードします。 ・丸パイプのフランジ位置は真面目に検討してもよいのでは。ねじり面積稼げるしリアスパーいらなくなるかもよ。 ・カナードは性能はともかく,とにかくこの形を飛ばしたい方向け(きちんと設計すれば釣り合い取りやすく安全側になります)。 ・ずっと以前ここでも書いたネタの簡単プロペラと直接ライン駆動:誰もやらなければ作ってみるかなあ…。 ダウンロード - 25thsss_presentation.pdf  ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/01/27

GnuPlot, 第0列

GnuPlotで等間隔の時間方向データをプロットする場合。データ数と横軸の終端時間が分かっているものとします。 この場合,横軸を時間軸にする方法を検索してみましたが,時間データを用意してLinuxの場合Pasteでコマンド内で繋げる以外の方法を探してみましたが見つからず。 考えて…ひょっとしてデータのカウント数は$0(第0列)か?と思い,試してみたらビンゴ。N:データ数,tf:時間幅として,例えば以下のように書けばOKです。 plot 'test.dat' using ($0*tf/N):1 with lines    ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/01/21

某愛すべきガラパゴス環境の最適軌道(再確認)

滑空機部門の話。

この解析は過去複数の方がされています。今回は,別件の解析のために,よりパイロットとしての直感による理解が易しくて,かつ不等式制約を排除できる手法のテストとして行いました。

滑空比MAXはザクっと30くらい(今はもっと良いけどあくまで傾向を見るテスト),離陸GSは当然トリム速度より低く設定。線型向かい風速度勾配つけてます。
地面効果は,過去のスカイスポーツシンポで上反角付きで数値計算したものを使用。+胴体高さぐらい下駄履かせてます。

・地面効果なしでも,トリム速度より速めに水面に取り付いて1/3の行程は水面に張り付いてます(向かい風なしでもそれほどは傾向変わらず)。
・地面効果ありなら,可及的速やかに水面に張り付く傾向は変わらず。

翼型特性はCLが可能な限り低いところまでCDはフラットなもの。過去扱った翼型もそうでした。

いわゆる最近「棒飛び」が良い面がある,といわれているのは,材料の進化で機体の沈下率が非常に小さくなったという面もあると思います。あとは,実際の地面効果の効きがそれほどでもない,という面が実はあるかもしれませんが,無いことはないでしょう。

特に上昇気流を狙うのであれば一発700mは可能と思います(実際,失格になったSK大学は700m飛んでいたと思う)し,今や記録狙いならこういう機体が良いと思えます。

一方,上昇気流がない条件であれば水平方向の風速によらず突っ込むべきなので,CLの下限に限界があり,かつ|CM0|が大きくて桁の捻り剛性が低い機体は出せる速度に限界があり不利。プロペラ機の考え方をそのまま持ち込んだ,美味しいCL範囲が狭い機体はここが弱点でしょう。

なお,入れてるのは地面効果だけ。その他にも下記の要因はより水面に張り付く方向に作用します。
・Re
・地面効果以外の循環の効果

Pastedgraphic2

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/12/10

桜の季節になりました。

背景は冠雪の蔵王連峰です。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/11/28

HALEプラットフォーム

Loon社の高高度気球群によるインターネット実験,赤道付近だからこそ可能な技術でなるほどなあと思いました。 別の視点から言うと,固定翼+太陽光HALEプラットフォームは赤道以外での運用に重点が置かれる事になるので,さらに厳しい設計が必要になるという事でしょう。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/09/06

鳥人間,私の知る唯一のフラッタ事例

1987. ダウンロード - bird_flutter.mpg.tar.gz  ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/08/17

ウェブへのマイクログラス貼り

東北は関東より5度弱ほど楽ですし近辺は朝晩霧も出るので助かりますが,それでもお昼は熱いので作業はやはり朝晩。 今回のお題:スタイロフォームにグラスファイバークロスを貼り付ける場合,表面にマイクロバルーン+エポキシで目止めをします(表面染みこみ防止)。EAA伝授。でもその分重たくなるのでRutan式構造ならともかく軽量機には不利。なにより手間がかかる。 スチレンペーパーや,ホームセンターで入手容易な「ザ・スリム」のように表面が平滑な材質ならそのまま貼れるように思いますですが,さに非ず。 表面処理をしないと硬化後にペロッと剥がれます。   その場合,レジンにパーツクリーナーを数回シュッとして混合し(今の所,2-3割くらいかな),第一層を貼り付けるといい感じに接着されます。 一層のみで絶対強度が必要な場合おすすめしませんが,剛性目的でかつ数層で第一層分の安全余裕があるならおすすめです。 ちなみに,「ザ・スリム」の密度はスチレンペーパーくらい。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/08/13

モスキートモス号,フレームF7F8と胴体後方縦通材F27,より作りやすい部材に

musashinomkh.blue.coocan.jp/newpage28.html ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«3mmスチレンFF-HLG